Author Archives: joy_diamond

誕生石についての豆知識//ダイヤモンド・宝石WIKI・買取販売情報

誕生石は、1月から12月までの各月に因む宝石である。自分の生まれた月の宝石を身につけるとなんらかの加護があるといわれている俗習の一種である。1月1日から12月31日までの各日に因む宝石もあるが、こちらは特に誕生日石と呼ばれている。

今日の誕生石は1912年に米国宝石商組合で定められたものを基にして、1952年にアメリカ宝石小売商組合など複数の団体によって改訂されたものが基準となっている。誕生石の種類は国によって若干の違いがある。日本では1958年に全国宝石卸商協同組合が制定した誕生石が古く、サンゴ(3月)・ヒスイ(5月)が追加されている。イギリス・フランスでは、水晶(4月)・カーネリアン(7月)が追加されている。実際の誕生石の由来や加護の是非に全く関係なく、宝石商たちの販売戦略に深く関わりがある。

【1月】
ガーネット(柘榴石)
【2月】
アメシスト(紫水晶)
【3月】
アクアマリン(藍玉)コーラル(珊瑚)ブラッドストーン(血玉、血玉髄)
【4月】
ダイヤモンド(金剛石)クォーツ(水晶)
【5月】
エメラルド(翠玉、緑玉)ジェイド(翡翠)
【6月】
パール(真珠)ムーンストーン(月長石)アレキサンドライト(金緑石)
【7月】
ルビー(紅玉)カーネリアン(紅玉髄)
【8月】
ペリドット(橄欖石)サードニックス(紅縞瑪瑙)
【9月】
サファイア(青玉)アイオライト(菫青石)
【10月】
オパール(蛋白石)トルマリン(電気石)ローズクォーツ(紅水晶)
【11月】
トパーズ(黄玉)シトリン(黄水晶)
【12月】
ターコイズ(トルコ石)ジルコン(風信子石)ラピスラズリ(瑠璃)タンザナイト(灰簾石)

◆ダイヤモンド宝石 高価買取店舗◆
ジョイプラン・志木店・阿佐ヶ谷店

1月ガーネット(柘榴石)////ダイヤモンド・宝石WIKI・買取販売情報

【ガーネット(柘榴石):概要】
柘榴石(ざくろいし、garnet)はケイ酸塩鉱物(ネソ珪酸塩鉱物)のグループ。宝石としてはガーネット、または紅榴石の名前でよばれる。1月の誕生石である。石言葉は「真実・友愛」など。

【ガーネット(柘榴石):性質】
一般式はA3B2(SiO4)3または、A3B2C3O12と表される。主成分は、Aとしてカルシウム・マグネシウム・鉄(二価)・マンガンなど、Bとして鉄(三価)・アルミニウム・クロム・チタンなど、Cとしてケイ素・アルミニウム・鉄(三価)などが入る。モース硬度は 6.5 – 7.5、比重は 3.1 – 4.3。結晶系は等軸晶系まれに正方晶系[要出典]で、結晶は菱形十二面体または偏方多面体となる。その整った形状から、誕生石の一番目に選ばれたといわれる。ガラス状の光沢があり、透明度はさまざま、色は無色・黄・褐・赤・緑・黒などがある。

【ガーネット(柘榴石):用途・加工法】
特に透明度の高い赤色、橙色、黄色、緑色のものを宝石として装飾用に使用する。丸く磨き上げられたものはカーバンクルと呼ばれる。
硬度の高さから研磨剤として利用されることが多い。粒子の細かい柘榴石は、比較的安価にかつ大量に採掘できることから、紙やすりなどに利用される。
パイロープガーネットの成分とスペサルティンガーネットの成分の中間に位置するものにカラーチェンジガーネットというのも存在する。アレキサンドライトに非常に似た変色効果を発揮する大変興味深いルースとして知られている。産地としては、スリランカ・アフリカ・マダガスカルなどが代表的だが、スリランカ産のものは既に鉱山が閉鎖されているため、現在は産出されていない。マダガスカルからは良質なカラーチェンジガーネットが産出することが多いが、スリランカ産の方が珍しいため、コレクターの間では高い値で取引されている。
(ウィキペディアより抜粋)

 

 

◆ダイヤモンド宝石 高価買取店舗◆
ジョイプラン・志木店・阿佐ヶ谷店

2月アメシスト(紫水晶)//ダイヤモンド・宝石WIKI・買取販売情報

【アメシスト(紫水晶):概要】
アメシストは、紫色の水晶である。紫水晶(むらさきすいしょう)ともいう。
ブラジルのリオ・グランデ・ド・スール州は世界最大の紫水晶の産地。スリランカ、マダガスカル、中央アフリカでは質の良いものが産出する。
日本では、宮城県白石市の雨塚山や鳥取県で産出される。

【アメシスト(紫水晶):性質】
硬度は7。比重は2.65。組成は SiO2(二酸化ケイ素)。素焼きの陶板にこすりつけると白い条痕が残る。ハンマーなどで割ると貝殻状の断口が残る。
光沢はガラス光沢で、色は淡いライラック色から、濃紫色まで幅広い色合いがある。紫外線に曝露すると退色する(直射日光の当たる窓際などに置くと色が褪せてくる)。照射する光のスペクトル組成によって、見た目の色を大きく変化させる紫水晶は、「カラーチェンジアメシスト」もしくは「カラーチェンジタイプアメシスト」と称されている

【アメシスト(紫水晶):用途・加工法】
主に装飾用に使われる。
緑色透明の水晶が「グリーンアメシスト」と称され、市場に出回っている場合があるが、これは主に紫水晶その他の水晶に、熱処理や放射線処理を施し、変色(エンハンス)させたものである。採掘時に緑色透明であるものは、プラシオライトとも呼ばれ、アメリカ合衆国カリフォルニア州やネバダ州などのごく一部の地域から産出する。
(ウィキペディアより抜粋)

◆ダイヤモンド宝石 高価買取店舗◆
ジョイプラン・志木店・阿佐ヶ谷店