9月サファイア(青玉)//ダイヤモンド・宝石WIKI・買取販売情報

【サファイア(青玉):概要】
サファイアはコランダムのうち宝石としての価値があり、かつ色が赤でないものをいう。不純物の違いで濃赤色を呈するものはルビーとなる。
「青玉(蒼玉)」という和名があるように、一般に濃紺あるいは青紫色をしたもの(不純物:鉄、チタン)と考えられているが、濃赤色以外のあらゆる色、例えば黄色や茶色、薄紅色などのものもサファイアである。
ミッドナイトブルーサファイアと称されて流通しているサファイアがあるが、これは、インクブルーサファイアの色合いを呼び変えたものである。

【サファイア(青玉):歴史】
サファイアは東洋から古代のヨーロッパに伝わった。トラヤヌス帝の時代以降にはインドとの交易が盛んになり、サファイアについての信仰も中世にかけて広まった。インドでは元々、ヒンズー教徒の間でサファイアは不幸をもたらす不吉な石とされていた。しかしインドの仏教徒の間では異なり、宝石の中でも特に尊重された。
キリスト教では、中世から司教の叙任のしるしとしてサファイアなどを付けた指輪が与えられ、人差指にはめるならわしがあった。マルボドゥスの「宝石誌」では、サファイアが指輪の宝石にふさわしいとされているのも、この反映だと見られる。
(ウィキペディアより抜粋)

 

 

◆ダイヤモンド宝石 高価買取店舗◆
ジョイプラン・志木店・阿佐ヶ谷店

この記事に関係する項目

Comments are closed.