ダイヤモンド・カットについて//ダイヤモンド・宝石WIKI・買取販売情報

全ての稜線がガードル(外周)を横切る面の取り方をしているのが、この「ブリリアントカット」の特徴です。この手法によりダイヤモンドの輝きが外に向かって放たれ、美しい虹色の世界を作り上げます。

ラウンドブリリアントカット
最もオーソドックスなカッティングで、エンゲージリングの定番にもよく用いられます。58面体のカットでダイヤモンドの魅力を最大限に引き出し、まばゆい輝きを導きます。

ハートシェイプ

ロマンティックな形が人気のハートシェイプ。マックルと呼ばれるダイヤの原石からカットされますが、カットが可能な原石が少なく無駄も多いため、高価になります。
ペアシェイプ

洋ナシ(英語で“pear”)をかたどったのがこのペアシェイプカット。片方だけ尖った先端が指をより美しく見せ、大人の風格をかもし出します。

オーバルカット

ラウンドブリリアントカットの楕円型ということで、こちらもオーソドックスなカット。美しい輝きがダイヤモンドの気品を表現しています。

マーキースシェイプ

両側がつんと尖ったエレガントなカット。マーキースとは「公爵夫人」という意味で、ルイ15世の愛称ポンパドゥール公爵夫人を彷彿とさせるためにつけられた名前だといいます。優美でクラシックな趣にあふれたカットです。
ステップカット
すべての面がガードル(外周)と平行にステップ状(階段型)につけらているために、こう呼ばれます。この方法により、氷のような透明感がある輝きが表現できます。素材の良さが要求されるカットで、複数を並べて使われる場合も多いです。
エメラルドカット

シャープで理知的な形が魅力のエメラルドカット。エメラルドによく使われるカットなのこう呼ばれます。落ち着いた雰囲気を持ち、年を重ねても違和感なくつけられる形といえます。
テーパー

スクエア
バゲット

テーパー、スクアエ、バゲットは、メインの石を飾る脇石によく使われるカットです。

プリンセスカット
1970年以降に登場した、比較的新しいカット。ブリリアントカットを変化させ、四角い形で光を引き出しているので、ステップカットより輝いて見えます。

◆ダイヤモンド宝石 高価買取店舗◆
ジョイプラン・志木店・阿佐ヶ谷店

この記事に関係する項目

Comments are closed.