1月ガーネット(柘榴石)////ダイヤモンド・宝石WIKI・買取販売情報

【ガーネット(柘榴石):概要】
柘榴石(ざくろいし、garnet)はケイ酸塩鉱物(ネソ珪酸塩鉱物)のグループ。宝石としてはガーネット、または紅榴石の名前でよばれる。1月の誕生石である。石言葉は「真実・友愛」など。

【ガーネット(柘榴石):性質】
一般式はA3B2(SiO4)3または、A3B2C3O12と表される。主成分は、Aとしてカルシウム・マグネシウム・鉄(二価)・マンガンなど、Bとして鉄(三価)・アルミニウム・クロム・チタンなど、Cとしてケイ素・アルミニウム・鉄(三価)などが入る。モース硬度は 6.5 – 7.5、比重は 3.1 – 4.3。結晶系は等軸晶系まれに正方晶系[要出典]で、結晶は菱形十二面体または偏方多面体となる。その整った形状から、誕生石の一番目に選ばれたといわれる。ガラス状の光沢があり、透明度はさまざま、色は無色・黄・褐・赤・緑・黒などがある。

【ガーネット(柘榴石):用途・加工法】
特に透明度の高い赤色、橙色、黄色、緑色のものを宝石として装飾用に使用する。丸く磨き上げられたものはカーバンクルと呼ばれる。
硬度の高さから研磨剤として利用されることが多い。粒子の細かい柘榴石は、比較的安価にかつ大量に採掘できることから、紙やすりなどに利用される。
パイロープガーネットの成分とスペサルティンガーネットの成分の中間に位置するものにカラーチェンジガーネットというのも存在する。アレキサンドライトに非常に似た変色効果を発揮する大変興味深いルースとして知られている。産地としては、スリランカ・アフリカ・マダガスカルなどが代表的だが、スリランカ産のものは既に鉱山が閉鎖されているため、現在は産出されていない。マダガスカルからは良質なカラーチェンジガーネットが産出することが多いが、スリランカ産の方が珍しいため、コレクターの間では高い値で取引されている。
(ウィキペディアより抜粋)

 

 

◆ダイヤモンド宝石 高価買取店舗◆
ジョイプラン・志木店・阿佐ヶ谷店

この記事に関係する項目

Comments are closed.